ダブルポイント型





pendant


日本の装身具は(指輪、耳飾、腕輪、首飾、足飾)縄文時代から普及しました。
古代の首飾りは勾玉や管玉を連ねた呪術的なシンボルとして身に着けていたそうです。

現代では日常的に着ける、さりげないオシャレとしてペンダントは愛用されています。
神秘の力を宿す天然石の首飾りで身も心も豊かな毎日となりますように。




表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

16