水晶は工業用としても生産されているため世の中には人工の水晶も存在します。
人工で水晶が作れるため今の高度な生活があるのです。
しかし溶解水晶も天然水晶として偽り販売されていることも多いようです。

下記に水晶の種類などを解説しておりますので参考にしてみてください。




現在、水晶として呼ばれているものは大まかにわけると下記の4種類になります。
※サイトによっては呼び名に違いがありますが、主なものを紹介しています。

・天然水晶
天然で採掘され、原石のままのクラスターやポイント、丸玉などの加工品として販売されることが多い。
特徴として、インクルージョンを含む場合が多い。(透明な天然水晶は高価)

・溶解水晶(練り水晶)
天然水晶を粉などにして高温で溶かし、不純物を取り除いてから再度結晶化させたもの。
特徴としてインクルージョンは含まず、無色透明。大きなものでも安価で取引される場合が多い。
別名「石英ガラス」

・合成水晶(人工水晶)
人工的に高温、高圧力を作り、水晶の元である珪酸を利用して水晶を作る方法。
これは人工的に水晶を成長させるため、天然と人工の判別は専門家でも難しいようです。
主に光学品や工業用として利用されており、鑑賞品としてはほとんど流通していないようです。

・ガラス玉
ガラスを溶かし、鉛や銀など他の金属を加えて再加工したもの。
溶解水晶と同様、インクルージョンは含まず、無色透明。
別名「クリスタルガラス」

ガラス玉を天然水晶として販売することはほとんどないと思いますが、
溶解水晶を天然水晶として販売されていることは多くあるようですのでお気をつけ下さい。

※当店では天然水晶を販売しております。溶解水晶はお客様からのリクエストや
加工品として綺麗なものなどは販売いたしますが、その場合は必ず「溶解水晶(練り水晶)」と記載いたします。





なぜなら溶解水晶は天然の水晶を溶かし再生されたものだからです。

しかし全く天然のものと同じというわけでもありません。
天然のものと溶解水晶では結晶の構造が異なり光の屈折率が違うようです。

その屈折率を利用して天然水晶か溶解水晶かの判別方法があります。
当店で販売している20mm球水晶と溶解水晶と鑑定書がついた50mm球溶解水晶で実験してみました。
両方ともインクルージョンを含まない無色透明な水晶です。

【判別方法】
1.白い紙に極細の線を引くか、髪の毛を1本用意します。
2.その線(髪の毛)の上に水晶球を置き覗き込んでください。
3.水晶をいろいろな方向にゆっくりと動かしていきます。
4.どこかの場所で、線が2本に見える場所があります。

【結果】
・線が2本に見える(ちょっとブレて見える)場合は「天然水晶」
・線が1本にしか見えない場合は「溶解水晶(練り水晶)」又は「ガラス玉」
※天然水晶は一方向に成長し段階的に屈折率が違う為、2重に見える位置があります。

【注意】
・この方法は丸玉のみでしか利用できません。
・20mm球以下の丸玉の場合、極細の線でないと2本に見えない場合があります。
・どの箇所でも2本に見える訳ではございませんので、クルクル回して探してみてください。
・非常に小さい丸玉の場合は確認できない場合もございます。

簡単に確認できる方法として腕の毛などに当てて見ると簡単に確認することができます。
(細い線ほど判別しやすいので、女性の方でも確認することができると思います)


天然水晶20mm球丸玉溶解水晶50mm球丸玉


超接近して撮影してみましたが、奥の線にピントが合わずかなり苦労しました。
わかりにくいですが、黒い線が2重になって見える事が天然水晶の証です。

溶解水晶はいくら回して探してみても2重に見えるポイントはありませんでした。
さすが「溶解水晶」と鑑定書が付いているだけあり、天然物ではないようです。

他にも温度差での判別方法があります。

天然水晶は溶解水晶やガラス玉と比べ、表面温度が低いことに特徴があります。
溶解水晶と天然水晶を触って比べると、溶解水晶の方が暖かく感じます。
温度差を判別するには訓練が必要ですが、ガラスで出来た製品と触って比べてみてください。
溶解水晶やガラス玉を持っておられる方は、実際に天然水晶と比べると解りやすいと思います。




溶解水晶でも基本的には天然水晶と変わりはありません。
しかし天然の水晶を溶かし再生していても人工的に作られた事により、
パワーストーンとしてのパワーについてはいろいろな説があります。

・人工的に手を加えられたものなのでパワーは一切ない。
・溶解水晶も基本的に水晶なので同じパワーがある。
・パワーストーンとしてのパワーはあるが、水晶特有の浄化力がない。
・パワーストーンとしてのパワーはあるが、天然水晶よりパワーは劣る。


これらは水晶をお持ちになられる方が決めることであり、当店では他人が決定できるものではないと考えております。

溶解水晶でも良いという方も、天然水晶でなければだめという方もいらっしゃいます。

当店では多く伝えられている「パワーストーンとしてのパワーはあるが、
「水晶特有の浄化力がない」「天然よりはパワーが劣る」と解説させていただいております。

※当店では天然水晶を販売しております。溶解水晶はお客様からのリクエストや加工品として
綺麗なものなどは販売いたしますが、その場合は必ず「溶解水晶(練り水晶)」と記載いたします。