パワーストーンは使用しているうちに、疲れがたまり輝きを失ったりパワーが落ちてくる場合があります。
ここではshylphでお勧めしているパワーチャージ法を紹介しますので、
「輝きがないなあ」「パワーが落ちてきたかな?」と思われる方は
是非パワーチャージをおこなってみてください。
素敵な輝きをとりもどしてくれるはずです。




水晶クラスターを持っている方にはお勧めのパワーチャージ法です。
特にアクセサリー類などのパワーチャージに適しています。

◆水晶クラスターの上にパワーチャージしたいパワーストーンをのせておきます。
(時間は詳しく決まっていませんので、夜など身につけないときなどにおこなうのが良いでしょう)


※パワーチャージに使用したクラスターは最低でも半年に一度、浄化をおこなってください。
※浄化用とパワーチャージ用のクラスターは分けてご利用下さい。
※水晶より硬度が低いものは傷が付く恐れがございますので、柔らかい布などをクラスターの上にかけて置いても良いでしょう。
(布に引っ掛けて結晶が折れる可能性がございますので、優しく慎重におこなってください)






この方法はとても簡単にパワーチャージができる方法です。
長い期間使用しない場合や、夜など身につけないときに行えます。

◆箱(木箱が最適)に炭と石を一緒に入れておきます。
使用しない石などは、この方法で保管するのが良いでしょう。


※炭はマイナスイオンを発生させ、不純物を吸着してくれます。マイナスイオンは体にも良いように、石たちのパワーを回復してくれます。
※パワーチャージに使用した炭は1ヶ月に一度、新しい物に交換してください。
※この方法は全てのパワーストーンに有効です。




一部のパワーストーンに有効なパワーチャージ法です。

◆朝日の光に数分間当てます。

【注意】 日中(太陽が昇りきった後)や夏の日差しなどは避けてください。
太陽の紫外線によりパワーストーンの変色が著しく発生する場合がございます。
朝日は生物に必要不可欠なようにパワーストーンの疲れを癒すパワーがあります。

※パワーストーンの種類によっては日焼けや色が薄くなってしまう場合がございますのでご注意下さい。
自然の成長過程で日光により褪色、発色しているものはこの方法は避けてください。

【 現在変色が報告されているパワーストーンの種類】
・アメジスト・インカローズ・サンストーン・スモーキークォーツ・ソーダライト・レッドタイガーアイ・ラピスラズリ

※同じ種類でも色落ちしない場合もございますが、上記のパワーストーンは避けて下さい
※水晶などの透明度が高いものはレンズ効果により、火災などの恐れがありますので十分ご注意下さい。
( 特に丸玉やポイントはレンズ効果がございますので、絶対に避けてください)

強力なパワーチャージが可能ですがリスクも伴いますので、自己責任で行ってください。
変色などの情報も随時受け付けておりますのでご協力いただければ幸いです。



ここではshylphがお勧めしているパワーチャージ法を紹介していますが、
そのほかにもパワーチャージの方法はたくさんあります。

自分やパワーストーンに合った最適なパワーチャージ方法を見つけてくださいね。

※パワーチャージの方法によっては、適さないパワーストーンもございますのでご注意ください。